ワークショップ知財研究会とは?
知的財産とは?
ワークショップと知的財産について
シンポジウム
知りたい! ワークショップの知財
リンク
home
お問い合せ
※個人情報の取り扱いについて
 
知的財産を尊重し活用するために

 

実際にワークショッププログラムの企画力や運営力を高めていくためには、多くの実践を重ねるということが重要になってきます。
そういう中で、さまざまな経験を参考にしながらオリジナルのワークショッププログラムを開発していくことになるでしょう。
では、その元になったワークショッププログラムに対してどのような心持ちで接する必要があるのでしょうか。
第一に重要なのは「尊重する」ということです。先達の実践に敬意をはらい尊重し、そして新たに活用させていただくという姿勢です。
それを形に示すとき、「連絡をする」とか「“参考”という一文を明記する」などあたりまえのルールを守れば、だれもが気持ちよくワークショップにかかわれるようになるのではないでしょうか。
このようなコミュニケーションの上にこそ、ワークショッププログラムの自由な活用が根づくのではないかと思っています。

 
   
このページのテキストとグラフィックの著作権はすべてワークショップ知財研究会に属します。
Copyright: workshop-chizai-kenkyukai All Rights Reserved